任天堂が育てた2大ロールプレイングゲーム

任天堂は単なるゲームメーカーではありません。
結果的に数々の人気ゲームシリーズを育成したといえます。
その代表格が、今や日本を代表するロールプレイングゲームとなった二大タイトルです。
まずは日本にロールプレイングゲームというジャンルを定着させた、あのシリーズです。
国民的漫画の原作者がキャラクターデザインしたことで話題を呼んでいたシリーズでしたが、空前の大ブームとなったのは3作目でした。
社会現象を引き起こすほどの大ヒットとなり、その後発売された同シリーズもゲーム史上に名を連ねる名作となっています。
次に「最後の物語」との意味合いのタイトルで発売したにも関わらず、その後10作を超えるナンバリングタイトルを発売するまでの人気を獲得するに至っている、あのシリーズです。
比較的シリアスなストーリーや、新作ごとに変わる斬新なシステムが人気を博しています。
これらのシリーズは両社とも、任天堂のハードで発売されたことで現在の地位を築いたのです。

ニンテンドー プリペイド

ランマー

油圧ブレーカ

トンネル機械

サンドビック製のコーンクラッシャはこちら

MENU

更新情報

1983年に任天堂が発売した家庭用ゲーム機は、日本にテレビゲーム市場を形成するにあたって最も貢献した

任天堂があったから、あのシリーズも誕生した

任天堂は現在までさまざまなゲームのハード機を発売してきました。
中でも任天堂の黄金期を築いたハ

任天堂の黄金期を築きあげたハードとソフト

任天堂が世に送り出した名作ゲームといえば、まず第一に挙げられるのがあの配管工のおじさんのシリーズです

ゲームだけでなくキャラクターメーカーでもある任天堂

事実上、任天堂が育て上げたといえる企業は数多く存在します。
任天堂の生み出したハードの専用ソフ

任天堂の恩恵で育ったソフトメーカーたち

Copyright© 任天堂 All Rights Reserved.

任天堂が育てた2大ロールプレイングゲーム